2018年1月16日火曜日

プロテクション戦略

1月14日(日)は、クラックリード講習にて、城ヶ崎。
男性NSさん、男性TSさん。
高さ8mほどのルートを登ることを想定します。

前半4mほどは、歩きっぽい内容。
後半4mほどは、顕著なクラックですが、あなたにとって大変易しいとします。

この顕著なクラックは、ほとんどどこでもプロテクションが取れます。
クラックの始まりは大きなテラスになっており、疲れずに長期滞在も可能です。

また、このクラックはテラスから1mほど登った地点で、ほんの少しだけバランスが悪くなるセクションがあります。
そこを越えると、再びテラスとなり、クラックを2分割しています。
さて、クラック取付きのテラスで、プロテクションは取るでしょうか?
(転ばぬ先の杖)
①取る
②取らない

その場合、その1m上の少しバランスが悪いセクションの手前で、プロテクションは取るでしょうか?
(核心前にランナウトしない方策)
①取る
②取らない

そこを越え、クラックの中間テラスで、プロテクションは取るでしょうか?
(転ばぬ先の杖)
①取る
②取らない
プロテクション戦略には、これが絶対的な正解というのも無いと思います。
今日の2人とも、これでもかっていうほどセット位置が違いました。
最小の人は、核心前の1つだけ。
最大の人は、3個すべて。

これから、少しずつ考えていきましょう。

2018年1月12日金曜日

日記の続き

最後のレスト明け。
1月1日、2日の2日間の記録。
<初日の出の懸垂下降>

今日は、3人とも気合い入りまくりです。
ここまで、1P目にある大部分の5.10台を登り尽くして来たカメチヨ先生が、トップバッター。
<初日の出とNMさん>

前日から緊張し、イメトレしてきた、5.11-へのオンサイトトライです。
<とこしへ(5.11-)のカメチヨ>

無事に成功し、「いや、むしろ今までのやつより簡単だった。」と拍子抜けを露わに(笑)。
<オンサイト成功!>

続くNMさんは、もう少し5.10で慣らしをするため、アマテラス。
色々と危ない目にも遭いつつ、2擊。
<アマテラス(5.10)で、いわされるNMさん>

私は、燻銀(いぶしぎん)(5.11-)が目標です。

再びグレードは落としたように見えますが、オブザベの印象ではムーヴが読めない1本です。
クラックのサイズは極細。
0番~000番のセクションが難しそうなため、そもそもNMさんが合流して、その辺のカムが3セットになるまで取り付く気になれなかったルート。
<燻銀(5.11-)>

いざ、オンサイトトライ。
核心は下部っぽかったので、1時間ほど行きつ戻りつして、とりあえず一旦地上まで降りることに。

カムセットと、大体のムーヴを頭に入れて、午後のトライに賭けます。
<細いっす!>

一応、オンサイト権がある2トライ目。
イメージしたムーヴは、やはりちょっと違ったようで、結局は何度も行きつ戻りつ。

40分ほどで意を決して突っ込みます。
00番、000番がバチ効きとは言え、散々ビビって吠えまった挙句、ムーヴに手詰まってテンションコール。

で、ハングドッグしたら何とすぐにムーヴが出来ました・・・。 
上部は5.10台っぽく見えたので、そこからエイドダウン回収。
<何度も、このテラスまで戻って仕切り直し>

あとは、夕方の最終トライ。
どうにかR.P.できました。

トポにも「指が太いと感じるグレードは上がるかもしれない。」とありますが、私は5.11+に感じました。
<つくよみ(5.10)のカメチヨ>

初日の後半は、カメチヨ先生も、NMさんも残った5.10に取り組みます。
2人ともアマテラスが最難に感じたのか、NMさんは2擊、カメチヨは翌日の宿題に。
<無事にフラッシュ>

<渡津海(5.10)をオンサイトするNMさん>

<足場は広々>


明けて最終日。
いよいよ、5.11-に取り掛かるNMさん。
<2日目の朝>

とりあえず、とこしへ(5.11-)は無事にオンサイト!
<とこしへ(5.11-)のNMさん>

が、ここへ来てアマテラスのムーヴが解決できそうで出来ないカメチヨ。
<アマテラス(5.10)>

私は、アマテラスの2P目にある、やたがらす(5.11-)が本日の目標です。
<アマテラスをフォローする私>

昨日のシンクラックに比べたら、だいぶ広い!
0番~1番が主体のサイズ感で、ジャムも所々効きます。
コーナーとしても、昨日のよりはだいぶ使いやすい!

ただ、脆いので固めどりしまくっていたら、案の定終盤にカム切れを起こして、またしても1時間越えの魂のオンサイトに・・・。
<やたがらす(5.11-)>

降りたら、「立ってるのも辛い。」という疲労具合だったので、午後は2人のビレイヤーに徹します。
<アマテラスを打つ>

<ことぶき左(5.11-)>

NMさんが、もう1本5.11-をオンサイトトライ。
が、こちらは惜しい感じでテンション。 

ジムっぽくて得意系とのことでしたが、「オンサイトトライは、頭もパンプしています。」との言葉が印象的。
<こちらは、2擊>

NMさんは、夕方の最終トライで無事に2擊。

「来てよかったー!」
と、もう1本のオンサイト以上に嬉しそうでした。

長期ツアー、御一緒ありがとうございました!
そして、写真提供もありがとうございました!
<撤収>

今回のツアー、3日目から計6日間を神須の鼻で登りました。
初日は瑞浪、2日目は神須の鼻の裏面だったので。

主な結果。
①神風(5.11) 2トライして敗退。
②ことぶき左(5.11-) O.S.。
③カムイ(5.11-) O.S.。
④ことぶき右(5.11+) R.P.。
⑤燻銀(5.11-) R.P.。
⑥やたがらす(5.11-) O.S.。

この手のクライミングだと、5.11-が自分にとって一番練習になるグレードという印象です。
5.11、5.11+となると、エイドしやすいレベルにカムが効くルートで、どうにかR.P.に持ち込めるかどうか。

フィンガー~ハンドだと、5.11ぐらいが一番楽しめるグレードと感じていますから、やはりここは少しオンサイトしにくい印象です。
神須の鼻は、プロテクションが難しいので、私に限らず、全員ちょっとグレードを落とし気味にオンサイトトライを楽しんだほうが良さそうです。

かなり怖いけど、今見返しても景色も岩も、超上質なエリアですねー。

オマケ

予定通り、雨の日。
唯一、写真を撮ったレスト日なので、写真のみ。
<鬼ヶ城>

<形状が豊富で、石灰岩みたいな壁>

<NMさん撮影、亀の水族館>

<まさに、その瞬間>

<亀仙人の修業中も、黄金の三角形は崩れない人>

<ネコを愛するNMさん>

普通のクライミング日記

年末年始の記録パート3。
レスト日を挟んで、3連登。
2日目の夜に、NMさんも合流。
<懸垂中に見た日の出>

今回は、純粋に日記として。

この前日、神風(5.11)を2トライ敗退して、やや落ち込み気味な私。

次のターゲットは、ことぶき左(5.11-)。
比較的プロテクションが良さそうで、グレードも1つ下げてみました。
これは、さすがにオンサイトしたい!
<たらちね(5.10-)>

このエリアは、5.11a~dの4段階ではなく、5.11-,5.11,5.11+の3段階です。
頭にグレード対応図を書いてもらうと分かりますが、5.11bの易しめぐらいまでが5.11-というイメージ。

グレードは細分化するほど正確に表現できる反面、そもそも体感なので逆転が起きやすいという弱点があります。
賛否両論あると思いますが、このエリアを少し大雑把なグレード表記にしたのは、ちょっと共感できます。

<ことぶき。私がデカすぎるのか、20mには見えない。>

で、こちらは苦労しつつオンサイト。

途中、脆いセクションがランナウトするのに一番行きつ戻りつしましたが、核心はプロテクションが良かったので思い切って。
<渡津海(5.10)>

では、今度はカムイ(5.11-)。
グレードは上げていませんが、今度はプロテクションが悪い雰囲気が漂います。
<カムイ(5.11-)>

「えー、マジかよ!」
と何度もクライムダウンを繰り返します。

岩が風化していて、ホールドが欠けたり、カムが滑る可能性が相当高そうな核心部・・・。私には、グランドのリスクが大きめなルートに思えます。
僅か12mのルートですが、1時間以上かけてようやく自分なりの安全水準を満たすカムセットが出来て、オンサイト。

いやー、これは怖い。

<テラスに戻って、シューズを脱ぎ、大レスト>

あとは、隣の神座(5.10-)。
グレードを大幅に下げたのは、どのトライも1時間越えばかりで疲れていたし、カメチヨ先生の方がトライ時間が短かったので。

「1回ぐらい、スイスイ登れそうなのを挟んで。」
と思ったら、3回ぐらいクライムダウンしました(笑)。
とはいえ、想定範囲内でフラッシュ。
<神座(5.10-)>

<いかづち(5.10-)>

2日目。
本日の目標は、ことぶき右(5.11+)。

前日のことぶき左の中間部から、派生するライン。
見た目にもプロテクションは取れそう。グレードは、一気に2つ上げましたが、派生ラインなので半分オンサイトではない、という気楽さはあります。
<草薙(5.10)>

で、午前の1便目は撃沈。

相当粘った挙句、やはりプロテクションに完全な信頼がおけずにテンションコール。
ハングドッグしてもムーヴが分からず、結局エイドを交えて抜けたら、「なんと!ここにホールドが!」みたいな見落とし発覚。
エイドしたこともあって、カムセット位置だけはほぼ完璧。

もしかしたら、次で登れるかも。
<ことぶき右>

<高砂(5.10)>

そこから、ひたすらビレイと準備体操、イメトレに専念して、夕方16時頃。

岩が冷え始めて来たのを待って、最終トライ。
このルート、分かってしまえば割と信頼できるカムが効くし、固めどりもしやすいかも!

ギリギリで完登できました!
<不知火(5.10+)>

続く3日目。
カメチヨと、本日からのNMさんはガンガン登ります。
<梓弓(5.10)をオンサイトするNMさん>

私は、本日は流しと決め込んで、まだ登ってなかった5.10台を2本だけ。

1本目は、不知火(5.10+)。
上段のシンクラックは、一応トライはしたのですが、風化が酷くて危険と判断。
右から巻くことにしました。

基本は下部のルートだと思うので、一応フラッシュ。
<不知火をR.P.するカメチヨ>

<ことぶき左をオンサイトしていたY本さん。たまたま岩場で遭遇>

午後は、つくよみ(5.10)。

玄人好みの1本、ってどんなだろうと思いましたが。
個人的には、不動沢のフレアードチムニー5.10aの奥にシンクラックが走っている、という印象でした。

行きつ戻りつで時間は掛かりましたが、これはそんなに苦労はせずオンサイト。
<たらちね(5.10-)をオンサイトするNMさん>

あとは2人のビレイやら、レスト明けにオンサイトトライするルートのオブザベやらで、夕方まで過ごします。
<ますらを(5.10+)をオンサイトするNMさん>

さて、翌日は雨なので、レストしますかー。
<日の丸(5.11-)で敗退するカメチヨ>