2017年12月11日月曜日

越沢と私

12月10日(日)は、マルチピッチリード講習にて、越沢バットレス。
女性SMさん、男性OMさんのペア。
<1P目>

先週、学生時代に越沢でパートナーに事故らせてしまった、という話はしました。
<もうすぐ日が当たる>

ただ、懲りない我々は、それでもシステムとリード練習のために越沢に通いました。

1年ほどして、大学4年の秋、ようやくフリークライミングの成長曲線に乗った私。
(それまで、5.10aがやっとだった。)
楽しくなって、ジム、岩場、そして越沢に通い直すことになります。
<御来光を待つ気分>

それまで、沢、ヤブ尾根、ラッセルと割と冒険的なことが好きだったのに、越沢では残置を使っていた私。

当時、ほとんどカムを持っていなかったのも災いしていたと思います。
<暖かくなってきて、2P目スタート>

そんなモヤモヤのまま1年、2年と経ち、残置無視というセンセーショナルなワードが紙面を賑わしました。

ようやく、クラックも5.10bぐらいは登れていた私。
プロテクションが取りやすそうなピッチから、徐々に残置無視をやってみます。
<日向だ!>

で、1つの結論に達しました。

残置無視かフリーか、どちらかで無ければ、岩(壁、あるいは山)を登ったと言えないんじゃないか。
<柔らかな日差し>

そうなって来ると、
「初心者も、最初からそうやって学んだほうが良い!むしろ、残置は危険登山者を誘っている!」
という熱い気持ちが湧いてきて、残置(特にリングボルト)に対する憎しみが(笑)。

当時、残置撤去の話も出ていたので、私も越沢に行くたびにチョイチョイ残置を間引くという行動に出ていました。
<昼過ぎには、完全な日向>

当然、
「それは強者の論理だ!」
「初心者時代に散々残置のお世話になっておいて、ズルい!」
という反論も予想はしていました。
歴史的にも、そんなことを繰り返してますしね。

これに対して、完全に納得してもらうことは難しいと感じています。
なので、残置撤去という強硬手段は、今はやらないと思います。

ただ、初心者時代から残置A0という習慣は、やっぱりダメだなという思いは、一層強くなりました。
<3P目>

実際、残置を間引いたことが先輩の耳に入って怒りを買い、泣く泣く残置ハーケンを1人で打ち足しに行ったこともあります(笑)。
<フォロー中>

余談ですが。
何となく、フォロー中に残置を抜くことに罪悪感を覚えた私。

「自分が残置にクリップしたいときにこそ、せめてものフェアさ。抜くべきタイミングではないか?」
という、変なルールを自分に課したことも。

具体的には、アイゼン+軍手でのリード中に、ハンマーを振る、という行動をとっていました。
<懸垂下降>

思い返しても、意固地さがにじみ出る私。

スタイルとか、初心者への教育的配慮、という観点から見れば、ちょっとズレてます(笑)。
パートナーからは変人扱いされます。

ただ、まぁ色んな意味で私を鍛えてくれたトレーニングだったとも思います。
<やや、足が絡みがち>

当時より、多少は世相も変わったような気がします。

初心者時代から、クラックに親しむ山屋も増えました。三鷹のジャムセッションも流行ってます。
初級者っぽい人が、本チャンのオールナチプロってのも、そんなに特殊な話じゃなくなったと思いますし。

一方で、越沢でも三ツ峠でもハンガーボルトは増えているとも感じます。

クライミング界も、アメリカ経済みたいに分断された社会なんでしょうか。
まぁ、それも昔からなんでしょうけど。
<越沢には珍しい、ハング越え>

近いだけあって、今後も長い付き合いになりそうな岩場。
少しずつ考えて行かねばと思います。

と金の遅早

12月9日(土)は、クラックリード講習にて、城ヶ崎。
NSさん夫妻、男性TSさん、女性UHさん。
<シーズン初の城ヶ崎>

TSさんは、八戸にお住まいです。
1~2ヶ月に1回ぐらいの割合で参加されますが、こんなに遠い方が続けてくださっているのは初めてです。

普段からクライミングをされていて、スポートなら5.11前半くらいは登る御様子。
講習中も、ジムで5.11aをオンサイトされていたし、岩場での登りを見る限りでもそのくらいの力はありそうです。

講習を受ける切っ掛けは、2つ。
・クラックやマルチがやりたいが、地元山岳会で教わると色々時間がかかりそう。
・スキーを長年やってきて、最近インストラクターにレッスンを受けてみたら、「もっと早く受けておけば。」と思った。

理由だけ聞けば納得するんですが、八戸からの移動を考えると頭が下がります。
<テーピング>

UHさんは、数年前に一度講習に参加して以来、久々の申し込み。
が、なんと3回連続で雨中止。

大抵の場合、久々に申し込むと雨中止で意気消沈するものです。
現実として、友人と岩場に行けている日常がある訳ですから、講習に来ないと路頭に迷うこともないのです。

が、今回で4度目の正直。
無事に晴れて、ジャミングやらカムセットやらの基本を始められました。
<地上でのカムセット>

最後に、NSさん夫妻。

最近は、自分たちで岩場に行ける機会も増え、ようやく5.9が安全圏、5.10aもオンサイト出来るかも、ぐらいに感じてきた様子。
その一方で、講習ペースはゆったり。
1年間、月1回ぐらいのペースで、ようやくカムセットも理解出来てきました。

そして、本日はトポに載っていない5.4くらいの2ラインを、無事にリード!
今回は、特にそういう方々が揃ったというのもあります。
辞める言い訳なんて、いくらでも転がっていたでしょうに。すごいです。

自分を鑑みると、ここまで愚直にやっているかどうかは疑わしいです。
人には、「コツコツやれ」と散々言っているのに(笑)。
さて、ゆっくり頑張りましょう。
<リード中>

<擬似リード>

感覚を語る

12月8(金)は、ムーヴLv.0。
全て新規の方で、男性IMさん、男性AHさん、男性MKさん、男性TSさん。
本日の講習生が、足裏感覚を理解してくる際のコメント。

最初、土踏まず周辺で置いていたのが、足裏とスタンスとのフィット感を理解してきて、段々とつま先周辺で置くようになっていく過程での話。

「ちょっとズレてると、マズイ飯を食ったみたいに、ペッ!!って吐きたくなる。」
「なんか、前より“もっと!、もっと!!!”って良い場所を探したくなる。」
「俺の足裏が欲情して来てます。」

感覚を説明する例は、人生経験が出るのでしょうか?
さて、TSさんはジムリード講習に進んでO.K.といたしました。
本日で、ちょっとはレスト態勢が理解できたような気がしますね。

2017年12月8日金曜日

黒帯さま

12月7日(木)は、岩場リード講習。
新規男性MOさん。
ボルダリング有段者のMOさん、さすがにムーヴは上手いです。
(「黒帯さま」って呼ぶこともあると聞きましたが、ホントですか?)

ただ、テクニックの方向性にも色々あって、アップしてもらうだけで
「たしかに、ルート(特に岩場)だと苦労しそう。」
というのが見て取れます。
とはいえ、省エネ、安全の意識の持ち方など、ボルダラーの理解力は高いです。

当たり前ですが、結局はムーヴを考えるという作業なので。
でも、こういう方の全員が、リードクライミングに開花するとも限りません。
ボルダーっぽい登り方で、短いルートでは、最初から成果が出せるにしても。

周りからは、
「そんだけボルダー登れれば、5.13なんてすぐだよー。」
と言われつつ、初期段階から進歩がない人はチョット可哀想にすらなります。

突破力は大きなアドバンテージですが、やはり1つ1つリードのコツを覚えていくべきなんでしょうね。
講習の場合、黒帯さまの中でも、そういうことに興味が強い人が来ているような気もします。
だから、きっと大丈夫でしょう。

本日のトライルート
・シルクロード(5.7) オンサイト
・いんちきするな(5.8) オンサイト
・蟻さんルート(5.8) オンサイト

リカバー

12月6日(水)は、リード2回目。
女性SBさん、女性STさん、男性Yさん。
<掃除前の状態>

足のフィット感がイマイチなことがあり、“グリグリ”と馴染ませ直すことがあります。
一方で、最初から良いポイントを狙っておければ、ほんの僅かに微調整するだけで足裏感覚が「フィットしてますぜ、旦那。」と教えてくれることもあります。

前者はリカバー、後者はネコ足(足をフワッと置くこと)、となります。
リカバーは、実戦中は仕方ないことも多いです。

足が全然フィットしないまま登っている5.12以上のクライマーは、ほとんど居ないと思います。
ただ、リカバー頻度が異常に高い人は、結構なレベルの人でもいます。(きっと、その他の技術が上手いんでしょう。)

クリップも同じで、クリップがなかなか入らない中級者はいませんが、微妙にリカバーしてしまうことが多い、というのはあります。
リカバーは、悪ではありません。ある意味、苦しい場面での頑張りの証拠とも言えるものです。

でも、基礎練習のときはリカバー無しで気持ちよくクリップしたいものですね。

2017年12月5日火曜日

手が掛かるクラック

12月5日(火)は、1人で湯川の掃除。
<朝は、小雪舞う>

「手が掛かる子ほど、愛情が湧く。」みたいな俗説があります。
割合、良いニュアンスで使われることが多そうです。

苦労してR.P.したルートには、思い入れがあります。
これも、割と良い感じです。
<黄昏の舞姫>

一方で、掃除に手が掛かるルートにも愛情は湧きます。
これも、間違いないです!

でも、大抵の場合、掃除に手が掛かるルートは一流でないことが多いです。特に、ここ湯川では!

コケが生えやすい、土が付き易い、というルートは様々な工夫と丹念な掃除で“そこそこ”のルートにはなります。
でも、ほとんど掃除不要な岩に比べたら、自然に還りやすいです。

駄作となじられることも、実際にあります(笑)。
<黄昏の舞姫を、再々掃除>

私の場合は、
・掃除自体の練習
・湯川のルート増加
という副産物があるので、程々でも楽しいです。
<結局、昼過ぎまで小雪・・・>

ルートが増えてきたので、大和屋(デゲンナーの裏)の取り付きあたりにトポを残置してきました。
人間が登らないと自然に還ってしまうので、遊んでいただければ幸いです。
まだ増やす予定もあるので、年ごとに更新するつもりです。
残置トポに不評があれば、撤去も検討します。

冬前なので、実験にはイマイチなタイミングでしたが。
<14時頃に晴れ間!>

コツ

12月3日(日)は、岩場リード講習にて湯河原。
女性FSさん、男性MKさん、女性TDさん、男性STさん。
クライミングにも、様々なコツがあります。

当塾で重視しているだけでも・・・
足をソっと置く(ネコ足)、手や足をジワっと岩に馴染ませる、要所要所での脱力、などなど。
で、講習生からの質問。
「これを実戦中(完登できない可能性が十分にあるリード)に、意識できるか?」

それぞれ意見を出してもらうと
①「無理。だから、無意識化するまで反復練習するしかない。」
②「危うくなったら意識せざるを得ない。だから、ヤバイときだけはやりそう。」

どちらも、私の感覚とも近いです。
ちなみに、実戦中にコツを意識するのが難しいのは、「イッパイイッパイだから。」と素人さんがよく言います。

何に、イッパイイッパイなんでしょう?
高度感?恐怖心?
ホールド探しに追われている?

ただ、今回の皆さんは講習生はもうちょっとレベルが高いので、
「右か左か、どちらから登った方が楽そうか?」
「次のクリップまで安全に行けそうか?」
「どんなムーヴで行ったら、怖くなさそうか?」
くらいの意識は持てているように思います。

素人さんよりはマシであっても、こういう作戦面に追われて、コツに関する話は意識から薄れがちになるものです。
そして、これは私も同じです。
(作戦を立て慣れている分、脳の余白はあるでしょうけど)
さて、皆さんはどうやってコツを身につけて行きますかね?
上述の①、②で大体の答えになっている気がしますが。

最近、フォームを意識せよ(骨盤を立てよ、脇を締めよ、などの基本姿勢)みたいな話が主流になってきた感もあります。
これに関しても、「なるほどね。」と本で読んで1回身体を動かしたぐらいでは、まるで実践で使えないものです。

私自身、コツも、コツ習得の過程も、日々改良中です。
実戦本気トライ
MKさん、STさん:アブラカダブラ(5.10a) R.P.(2人とも、過去にトップロープで触っていた。今回一撃。)

2017年12月4日月曜日

死闘は大げさ?

1月の予約受付は、12月6日(水)の0時スタートです。
念のため。

12月2日(土)は、マルチピッチリード講習にて、越沢バットレス。
女性HSさん、男性ITさんのペア。
<アプローチが悪くなった>

残置無視・トポ無視によるオンサイトトライ。

残置を追いかけていても、安全管理はおざなりになり易い、というのは多くのアルパインクライマーも仰っております。

また、一度フォローしたとか、一度残置を使って登ったことのあるラインをリードしたとしても、やはり効果は半減すると思います。
先が読めない中で、必死に安全を守ろうとするから本気で考えるのです。
<紅葉>

さてさて、観念的なことはお説教臭くなるので、具体的な話。
<1P目>

越沢バットレスは、綺麗なクラックが続く岩場ではありません。

高さ70mの壁の中、切れ切れのクラックや、ちょっとしたカムセットできるポイント、易しくてランナウトが許容できるセクションを繋いで登っていくイメージです。
<2P目>

もちろん、クラシックな岩場ですからⅣ級~Ⅴ級+程度の範囲で4~5ラインは引けると思います。

換算表によってⅣ級、Ⅴ級の評価は分かれますが、個人的にはⅣ級が5.6~5.7、Ⅴ級が5.8~5.9ぐらいという感覚です。
<カムで作ったビレイ点>

つまり、トラッドっぽく言えば、5.8,PDみたいなものをオンサイトで越えながら、ビレイ点を目指すという訳です。

ビレイ点は、立木のように下から一目瞭然というケースもあれば、登りながらカムが効くテラスを探すケースもあります。
<ビレイ点での作業>

講習生のレベルからすれば死力を尽くしたオンサイトで、1日で4~5ピッチがせいぜいといったところです。
<3P目>

実際、今回の3P目は、私も学生時代に事故を起こしたことがあります。

パートナーにリードを勧め、そのリード中にフォール。
残置ハーケンは敢え無くぶっ飛び、15mほど下のビレイ点横の空中でぶら下がる格好となりました。
幸い、膝の骨折だけだったこと、ロワーダウンで1P目終了のテラスに下ろすことが出来たことで、大掛かりなレスキューにはなりませんでしたが。
<この辺で事故りました>

今思えば、やはり残置を追いかけている部分はあったし、敗退シナリオを十分に考えながらのトライとは言えないものがあります。
パートナーは、オンサイトリードだったので、本能的にある程度は考えていたとは思いますが。

残置の信頼性だって、もちろん十分に疑ってはいました。
が、いざランナウトしてしまうと最後のハーケンからの距離ばかりが気になって、それが抜けた場合のシナリオという意識は薄かったと思います。
<もうすぐトップアウト>

ちなみに、今回リードしたITさんは、そのセクションの手前でバチ効きのカムを1つ決めておりました。
越沢がいくら恐ろしい岩場と言っても、やはりカムは強い味方ですね。

今回の2人、リード自体は、こんな厳しい岩場でも対応出来てきました。
ビレイ点作成などの安全管理に、課題が色々出てきましたね。

2017年12月3日日曜日

1月の予約受付

遅くなりました。
12月6日(水)の午前0時より、1月分の予約受付を開始いたします。

通年営業のクライミング講習のみならず、冬関係の講習もお待ちしております。
ではでは、どうぞよろしくお願いします。

2017年12月1日金曜日

安全管理も含めるべきか

11月29日(水)は、リード2回目。
男性HWさん、女性HNさん、男性FYさん、男性NMさん。
講習生の御意見いろいろ。
今回のお題。

「逆クリップに気づくタイミングが遅かった場面を想定。次のクリップを済ませてしまえば、1つ前のクリップは安全上無関係にはなる。このまま登れた(フリーで行けたが、逆クリップを直してはいない)場合、それを完登とみなすか?」

⇒「完登とみなすかな・・・。」2名
 「ジムなら、もう1回登り直したい。外だったら、そのままにしちゃうかも。」1名
 「安全管理能力も含めてのクライミングだから、うーん97点・・・。みたいなイメージで、完登ではない。」1名
「完登とみなすかな・・・。」と言った人も、若干のモヤモヤは感じている様子でした。でも、完登とみなさずに再トライするのも何だかなー、という雰囲気。

一応、逆クリップが安全上問題になりやすい垂直前後~薄かぶり、くらいが前提の話でした。
皆さんは、どうでしょう?