2017年5月11日木曜日

腕を伸ばすと楽(なことが多い)

5月11日(火)の夜は、ムーヴLv.0。
女性KFさん、新規女性TMさん、新規女性KNさん。

レストするとき、腕を伸ばすと楽、という一般論があります。引き付けをキープするのは、疲れやすいという趣旨。
(これには色々と異論・例外やらがあるのですが、それらの分類は複雑なので文章化はパスするとして。)

今回の方々からは、ちょうどその例外みたいな意見が出ました。
「腕を伸ばすと、壁から離れて怖い。」
「腕を伸ばすと、かえって体重が足に乗らなくて怖い。」

前者は心理的なものなので、慣れれば「やっぱり腕を伸ばした方が楽。」と思うこともありそうです。
でも、後者は正解ってこともあるでしょう。例えば、スラブとかは、腕の曲げ伸ばしよりも足に立てるかどうかの方が重要なことも多いので。
他にも、前傾壁でも上手い人が肘を曲げてレストしている姿は、よく見かけますよね。

そんな訳で、例外も多いんですが、基本的な初級セオリーは実感できるまで理解したいところ。
(ちなみに、セオリーの例外を徹底的に考えることは、中級者の上達に有効な気がします。)

さて、本日で、TMさんはジムリード講習に進んでO.K.としました。
もしよろしければ、引き続きよろしくお願いします。