2017年4月21日金曜日

次のピンが気になる

4月20日(金)は、リード3回目。
女性YGさん。
<真面目にオブザベ>

また、講習生あるあるです。

墜落距離の計算をするとき、最後にクリップしたヌンチャクからの距離を考えるのが正解です。
それ×2+ロープの伸び+ビレイヤーが持っていかれる分、といった計算式。

ですが、何割かの講習生は、次の掛けようとしているヌンチャク(つまり、まだクリップされていないもの)が、身体のどこにあるか(手の届くギリギリ、顔の前、胸の位置、など)を、すごく気にします。

「もう次のピンが顔のあたりまで来ちゃっているのに、クリップできなくて落ちそうで、本当に怖い。」
などという文脈で。
次のピンが顔でも、ボルト間隔次第で前のピンが腰のこともあれば、膝下のこともあるんですけどね。

とはいえ、何となく気持ちは分かります。
感覚的リスクと現実的リスク、って話で、徐々に修正していくべきものですね。

さて、YGさんは、もう一回リード3回目でお願いいたします。
めげずに頑張ってくださいませ!