2017年11月23日木曜日

打開策を探す

11月21日(火)は、1コマ目がリード3回目。
女性KDさん、女性HNさん、女性NBさん。
2コマ目が、ムーヴLv.0。
女性TUさん、女性HDさん、男性TNさん、新規女性KDさん。

本日の本気トライで、登れなかった際、なんとなくモヤモヤが残る終わり方でした。改善点が、よくわからない感じ。
この機会に、話を広げてR.P.戦略の話をば。
ジムで、ルート(ヌンチャク7本)が、完登できなかったとします。
数トライして、すでに主要なホールドは覚えているという前提です。
終盤に細かいホールドが出てきて、疲労で保持することが出来なくなるというシチュエーションを想定。

ここで、指の力不足、筋力不足にせいにするのは、性急すぎます。

5.10~5.11前半くらいの人であっても、以下のような検討はすべきだと思います。

①そこのムーヴを変えれば、細かいホールドを保持する力をセーブできるかも。場合によっては、そのホールドを使わない手順が発見できるかも。

②クリップ先行すれば、怖さが軽減して思い切りが良くなるかも。
(逆に、クリップ先行を捨てて、顔~胸くらいでクリップする箇所を作れば、力がセーブ出来て登れることも。)

③中盤にレストポイントを作れれば、終盤での出力が上がるかも。

④序盤~中盤のムーヴを改善して、少しでも出力が下がるように心掛ければ、終盤での出力が上がるかも。まだムーヴが決まっていなくて、オロオロして消費してしまう箇所があるかも。

他にも、細かいホールドの保持は、指の力というよりも体幹で補うべきだというフォームに関する話もあります。

要するに、何か1つでも改善したら登れちゃったりするので、改善しやすいものを探せば良いのです。

自分への反省を込めて言えば、指導者が「そこは、~~するしか無いんだよ。」と言って、改善の方向性を限定するのはイマイチ!
せめて、「~~するしか無いんじゃないかな?」といった表現に留めるべきです。
なんせ、他を改善しても登れることは多々ありますから、一緒に考えるというスタンスが大事です。
個人的なイメージとしては、以下のような感じです。

・数トライで登れた ⇒ おおよそホールドを覚えた + 1つか2つの改善をした。
・10トライで登れた ⇒ ホールドをほぼ完全記憶 + 細かい改善をかなり頑張った。
・30トライ以上 ⇒ 細かい改善を限界近くまで頑張っても、登れなかった。しかし、トライ開始したときよりも、フィジカルやテクニックが向上したことによって登れた。

R.P.戦略は、ホールド記憶だけに頼るとちょっと勿体無いです。完登までに、何か1つでも自分の弱点と向き合えると良いと思います。

さてさて、KDさんはジムリード講習を卒業といたしました。もし良ければ、引き続きよろしくお願いします。

2017年11月20日月曜日

誰もが孤独

11月19日(日)は、岩場リード講習にて、天王岩。
女性Mさん、女性ISさん、男性STさん、女性ODさん。
ISさんの一言。
「壁の中では誰もが孤独で、自分で何が正しいのか考えなきゃいけない。そういうマインドを育てる。」

過去の講習生でも、似たようなことを言った人はおりました。
「(リード中は)何とかせねば!と思うようになった。」

要するに、リード中は完登の戦略も、リスク判断も、ほぼ全て自分に委ねられている、という話。
でも、ISさんの言葉は心に残ります。リードクライミングの精神性を現しているようで。
名クライマーの格言みたいですねー。

希望的観測から始まるエトセトラ

11月18日(土)は、雨中止にてロープワーク講習。
女性Sさん、男性NSさん。

本日とは、直接は関係ないのですが。
初心者あるあるを少々。

最初は、セカンドのビレイと懸垂下降さえ覚えれば、マルチピッチや本チャンに行けるようになると思い込む。
次に、ちょっと行ってみて、これは回数による慣れが大事だと痛感。
そして、「何かあったときに対応できないと」と思って、リードレスキューを覚えたいと思う。
しかし、「これは到底覚えられない。」と諦め半分になる。

そこで、成長が止まる人、根性(?)を発揮して基礎から固め直す人、色々だと思います。

一方で私は、マルチピッチは最低限のクライミングスキル(スポート、クラック)がある人にしか教えないことにしました。
最初の段階に、少し高めの敷居を課すという方法です。

良い悪いは、一口には言えません。
実際、上記を体験してから当塾に足を運ぶ人もいますしね。

2017年11月19日日曜日

コクシネルロック

11月17日(金)は、自分のクライミングにて、コクシネルロック。
最新のロクスノで発表されていた、マチュー開拓の岩場。
高柳、えのきどさん、N田くん(+息子1人)。
<朝は、まだ寒い>

日当たり良好で、寒いながらも登れます。
とりあえず、5.10台までトライしたので、感想。
<親子>

①月(5.9、NP) O.S.
NPフェースというか、本チャンのⅤ級というか。 やや危ない。
<月(5.9、NP)をフラッシュする高柳>

②Meme quand il pleut(5.10c、NP) オンサイト
見た目は易しそうだったが、やってみると「たしかに5.10cかも!」って感じがした。
核心は、割と安定している。
<昼前から、暖かい雰囲気>

③La balade du serpent(5.10d、R。NP&ボルト) 登れず
隣の5.11a(永い旅)と近づくあたりで、脆さ(怖さ?)に負けて5.11aのラインに逃げる。そのまま5.11aをNPで登ろうかとも考えるが、結局は5.11aのボルト(結び替え用のステーション)を使用してトラバースして元のラインに戻ることを選択。
という訳で、ラスト20mは正規ラインを登る。

「オンサイト中に、目標設定を悩みながら登る」という、我ながらヘボなクライミングになってしまった。
当初目標は、設定ラインの完登。
次点の目標は、NPセクションは設定ラインを外しても構わないという自分設定での完登。まぁ、これは5.11aの後半が易しそうだっただけに出来そうではあったのですが、思うところあってボルトを使って設定ラインに戻るという方針に転換。
悩みに悩んだトライだった。

例によって、2時間ビレイになってしまい、高柳には感謝です。
5.10d、R、40m、という時点で「絶対時間かかるから、飯とか食いながらビレイしても良いから。」という冬壁っぽいお願いをしての出撃だったという釈明はしておきますが。

ラインも5mほど外しているので、登ったとは言えないかな。
でも、リトライはしないと思う。
<Long is the journey(5.11a、スポート)をO.S.する高柳>

④Jardinage eternel(5.10c、スポート) オンサイト
掃除がすごい!
40mというスケールを考えると、多少脆くても登る価値は感じる。
<写真を撮る、雪山先生>

ちなみに、ルートだけじゃなく、エリア全体の整備もすごいです。
ほぼ1人でやったというのに、ビビります。

また行って、今度は5.11台のスポートをやりたいです。
<Have a sit and relax(5.11c、スポート)をO.S.する高柳>

2017年11月18日土曜日

オブザベと言い訳

11月16日(木)は、ムーヴLv.0。
男性TGさん、男性Mさん、女性HBさん。
「見ても、どうせ全然分からないし。」
「見ても、行けば分かんなくなっちゃうし。」
「頭悪いから、覚えられないんだよ。」
「トレーニングだから、一撃とか狙ってないし。」
「実際やらないと、ホールドの掛かりとか距離感とか、どうせ分かんないじゃん。」

他にも、いくらでもあるでしょう。
そして、全ての言い訳には“それなり”の真実が含まれています。

ただ、1年間毎回の1トライ目で本人なりに真剣にオブザベした人は、毎回サボった人とは違うと思うんですよね。

2017年11月16日木曜日

永いお別れ、1日1本勝負

11月13日(月)は、自分のクライミングにて、瑞牆の末端壁。
N田くんと。
今回の目標は、永いお別れ(5.11d、40m、シンハンド~オフィズス)。
トポ情報だと持久系っぽいので、最高に充実したオンサイトトライが期待できます。
(かなり素晴らしいルートですが、写真が無くてスミマセン。)

朝の集合時間が遅いこと(9:30)、アプローチに40分強を見て(10:15?)、これが2P目にあって取り付きまで行かないとオブザベーションしにくいこと、などと時間が掛かる条件が揃っています。

1人目のトライ開始は、12時前後。
ぎりぎりオンサイト出来たとしても1時間強のトライ時間、ハングドッグになったら2時間の可能性も予想されるロングルートです。

2人目のトライ開始は、14時?
フラッシュトライで多少のスピードアップは見込めても、1時間半は見ておく感じでしょう。

すると、3人目(登れなかった方の2トライ目)は16時過ぎ?
ヘッデントライでしょうね。

マルチっぽいビレイ点作業になるでしょうから、浮石が多かったり、テラスが狭かったりしたら、もっと時間が掛かって3人目は無しかも。

ってな訳で、これまで先送りにしてきたルートです。
亡き今井先生に誘われた際も、「ごめん、まだ早いっす。」と断っていたルート。
が、N田くんの強い希望「長ければ長いほど、得意なんすよ。」によって、今回実現。

でも、私もオンサイトトライに暖めていた気持ちがあって、末端壁の取り付きではジャンケンの気合いが響き渡ります。
で、私の勝利!

風鈴1P目(5.9、ワイド)でアプローチして、カムやらアプローチシューズ、防寒具を荷揚げ。
私が、1時間強の粘りでオンサイト成功。
N田くんは、最上部近くでフォール。ハングドッグして、15時45分頃にロワーダウン完了。
16時30分にN田くんが2トライ目を出すも、さすがに無理でエイドダウン敗退。

やはり、我々の実力では1日1本勝負のエリアだったようです。
相当良いルートなので、オススメではありますが。

ちなみに、この日は日当たりの良い時間でもヌメリが全く無い涼しさで、条件も最高!
隣でも、知り合いの女性が春うらら2P目をR.P.されていました。
<フィックスロープのラインが、ゲゲゲの鬼太郎>

ちなみに、11月15日(水)は1人で湯川。

以前から手をつけていたルートが、1本完成しました。
ゲゲゲの鬼太郎(5.10a、凹角フィンガー系)。

場所は、大和屋(デゲンナーの真裏にある、凹角ハンド)と草餅(2段になった岩を登っていく凹角ハンド~チムニー)の間です。

見た目は悪くないんですが、実際に登ると無名フィンガーとかに到底かないません(涙)。
たまたま知り合いがいたので、掃除後にリードで登ることが出来ました。
ビレイありがとうございます!

これにて、大和屋、草餅の周辺はようやっと方が付きました。
もしかしたら、追加整備は必要かもしれないけれど。
次は、もう少し左の方です。

2017年11月14日火曜日

ムーヴ記憶

11月11日(土)、12日(日)は、岩場リード講習にて天王岩。
1日目は、女性FSさん、男性MKさん。
2日目は、男性STさん、女性DIさん、女性TDさん。
「何度か同じルートを登っても、ムーヴが覚えられないんです。」
という悩み相談は、よくあります。

原因にも、色々パターンがあるようです。
過去に何度か出てきているのは、本能的というか反射のようにムーヴを起こしているパターン。
見た目に、クライミングスキルの割に異常にスピードが速いので、すぐ分かります。
今回の初日にも同じ質問を受けたのですが、今回の方はじっくり登るタイプ。

話を聞くと、
“そもそも岩を登っている最中に、自分がルート上のどこにいるかが分からなくなっている”
という状況だと分かりました。

ちょっとした、迷子状態ですね。

という訳で、ムーヴのオブザベ以前に、「ボルト2本目あたりでカンテから右のフェースに出て、ボルト3本目からは傾斜が緩くなって・・・」といった概要を口に出してもらうことにしました。

すると、次のルートから少しマシになったようです。
<つゆしらず(5.9)をオンサイトするMKさん>

2日目も、別の方から同じ質問。

また話を聞いてみると、
“岩を登る際にムーヴを探すいうよりも、闇雲にホールドを探している”
という話でした。

なので、時間を掛けて突破した箇所も、「なんだか探したらホールドがあった。」という記憶が残るという雰囲気でした。
同じ問題を抱えていても、原因は人によって異なることもあります。

さすがに、私は同じ原因パターンの人を見ていることが多いのですが、それでもまだまだ新種(?)を見ることが多いです。
まぁ、新種じゃなさそうだと思っても、問答タイムは取りますけどね。

クリップ態勢のイメージ

11月10日(金)は、リード2回目。
女性SBさん、女性STさん、男性HWさん。

クリップ態勢の必要条件は、片手での安定だと思います。
理由は、手繰り落ちを避けるためです。

一方で、レストできるぐらいの態勢で、休みがてらクリップ出来たら楽です。
それも、頑張ってワンシェイクできるぐらいではなく、脱力して休めるぐらいのポジションなら最高です。

応用的な形として、レスト態勢のちょっと上(引きつけや背伸び程度)でクリップして、再度レストすることもあります。

クリップは最低でも安全に、可能ならば省エネで。そんなイメージです。

2017年11月10日金曜日

通訳

11月9日(木)は、ムーヴLv.0。
女性KKBさん、女性KBTさん、女性Mさん。
クライミングの感想を言語化するのは、なかなか難しいです。
上手くいったにせよ、モヤモヤが残る動きになったにせよ、他人に説明するのは大変。

例えば、本日の講習生は
「ここで、しっくりが3つ。3しっくりなんですよ。」
という表現をしていました。

よくよく話を聞いて、状況を見ると、
「あるガバホールドに対して、心地よい(しっくり来る)レスト体勢が3つある。」
という話。

なるほどなるほど。
たしかに、複数のレスト姿勢が取れるとき、どれにするか迷うことってありますよね。
(あるいは、どれも大差ないと感じることもありますよね。)

となると、その3つに優劣は付けられるのでしょうか?
腕の負担、安定性、オブザベーションのしやすさ、腕以外の負担、などの項目比較をしてみて。
分かっていないことを頑張って表現するというのは、良い勉強ですよね。
たとえ、それが変な日本語になったとしても。

聞きかじった知識で、分かったフリの日本語を当てはめるのとは、比較にならない生産性です。

2017年11月9日木曜日

リマインド

12月の予約受付は、11月10日(金)の午前0時スタート。
今夜です。
岩場の記録に隠れてしまったので、一応載せておきます。

2017年11月8日水曜日

宿題ルート、封印ルート

11月6日(月)、7日(火)は、自分のクライミングにて、小川山&カサメリ沢。
ヒマラヤ帰りの高柳と。
<無名の5.8ワイドをフォローする、高柳>

3年くらい前に、2日間トライして登れなかったバナナクラック(5.11d)。
初日が榎戸さん、青木くん、2日目は今井くんと(2日目は、天気も途中で崩れたのですが)。

ようやっと、リベンジの機会が来ました。
1トライ目は、またもやメタメタで、ハングドッグして一応バラせて、トップアウト。
2トライ目は、核心中のカムセットが出来なくなってしまって、エイドダウン。
3トライ目は、2つ目のカムまで決めて気合いのクライムダウンで地上に戻って大レスト。しかし、リスタートしてすぐにポロ落ち。ただ、2トライ目で出来なくなっていたカムセット体勢に、光明が差した。またもやエイドダウン。

で、例によって薄暗い中での最終トライ。
気合いのカムセットを越えて、核心突破。後半のビクトリーロードはまたもや暗闇(笑)。

どうにかR.P.できました。
クラシックルートを登れると、自分の頑張りとは別の達成感も入り混じりますね。
<ビレイがやや難しい、バナナ>

「登れそうな宿題くらいは、極力片付けた方が良い」とは思っているのですが、カムセット体勢が再現出来なくなったときには封印もチラつきましたよ。

半分レスト日なのに、暗くなるまで付き合ってくれてありがとう!
2日目は、カサメリ沢のギャラクシー(5.12b、ボルト)。
昨年、2トライして何となくムーヴ解決の可能性程度で終わっていたルートです。
せっかくなので、ベストシーズンに万全に近い体調で来てみました。

が、3トライのハングドッグを重ねても、前回出来た箇所すら出来ない始末!!!
2箇所、全く解決しないのです。

一応、まだ打つ手として「次回は、初日に来る。」という手もあるのですが、あまりにも完登までの道筋が立たないので、ひとまず封印です。
<2日目>

とりあえず、完登までの道筋が見えそうな“岩の殿堂”とか(もう寒いかな)、別のルートでのオンサイトトライとかを先にやろうと思います。

風邪っぽくなったのに、夕方まで付き合ってくれてありがとう!
<ワニワニワニをR.P.する高柳>

クラックのZクリップ

11月4日(土)、5日(日)は、クラックリード講習にて、湯川。
1日目が、女性Sさん、男性TSさん。
2日目は、NSさん夫妻。
<初日は、寒し>

講習生のリード中にて、こんな出来事。

バッチリ効いたカムの1mほど上に、「少し甘いかも」と思いながらもカムセット。
ここで、間隔が近いこともあって、Zクリップのミス発生。

そこで、下のクリップ(バチ効きのカム)を外して、そのまま登ることに。
結果的には、「少し甘いかも」と自覚していたカムにだけクリップされている状態で登ってしまったのでした。
<2日目はポカポカ>

本人も大反省。すぐに直せる点として、
「Zクリップの修正時には、下のクリップも再度クリップしよう。クラックは特に。」
を挙げておりました。
ただ、クライミング中、自分の安全に関する状況が俯瞰できていないことに、すごく悶々としている御様子。
「こんなんじゃ危ない!」、「どうしようか?」という問題意識があるようで、素晴らしいです。

「これは、すぐには直せそうもないけど。何を意識したら良いんだろう。」
という趣旨の話を、何度も繰り返していらっしゃいました。
いつもながら、深い反省だなと思います。
まだ、本人なりの正解は近くはなさそうですが。

また、伊豆方面にて、続きを考えていきましょう。
<ついに、リード開始>

Radium Line

11月3日(金、祝)は、自分のクライミングにて、瑞牆のツル岩。
S本先生と、ゲンキ先生と。
<バカアーサナを、アップのごとく登るゲンキ先生>

先日の宿題、ほったらかし(5.12b、ボルト)を本日2トライ目(通算6便?)にてR.P.。
(ちなみに、ゴッド先生は普通に3擊。)

つづいて、隣のRadium Line(5.13a、ボルト)にトライ開始。
見た目は、5.10台かと思うような垂直のコーナーですが、トポに「意外と悪いんです。」という趣旨が。
<“Neo”S本>

オンサイトトライで、ワイドムーヴに入る部分でフォール。
ハングドッグして、ムーヴ解決。

どうやら、5.11後半のフェースの後に、5.10後半のワイドムーヴ、という構成で解決出来たんで、自分にとっては5.12前半程度の強度に収まりました。
(S本先生は、さらに易しく感じた様子。)

2トライ目は、オンサイトトライより数手高度が低いところでフォールしたものの、1テンでトップアウト。
(と、ここでS本先生が2擊にて、このルートも片付ける。)

3トライ目は、薄暗い中でヘッデン装着でトライしたものの、核心のラスト1手にてフォール。
<ネオってるねー(by ゲンキ氏)>

S本先生に懇願して、暗い中で最終トライを出させてもらいことに。
どちらにせよ、スタンスに至るまで全て覚えているので、暗くても影響はほとんどありません。
それどころか、闇夜はアルパインちっくなモチベーションも上がるので、1テンのマンネリ化を避けられて良い雰囲気。

そんな訳で、4トライ目にて無事にR.P.。
<“ほったらかし”は、意外と苦労してR.P.したゲンキ先生>

私とS本くんの場合、初登者とは全く違うムーヴを発見して、易しくなっちゃったパターンだとは思います。
なので、グレードは置いとくとして。

ただ、フェースとワイドの両方をミックスさせるルートとしては、かなり面白かったので達成感は格別でした。
<さすがですねー>

12月の予約受付

こんにちは。
11月10日(金)の午前0時より、12月分の予約受付を開始いたします。

例年、年末はなぜか講習依頼が少なめなので、早めに休みにして国内ツアーに出かけることにしました。これに伴って、山の知り合いを増やす会と、無料体験は12月な中止いたします。

さて、クライミング関係の講習は伊豆方面がメインになります。
岩場リード講習は、当日の気温などで天王岩の可能性も残しつつ。

このあと、溜まったブログを更新予定なので、予約予定の方はお忘れなきようお願いいたします。

2017年11月2日木曜日

慎重さは宝

11月1日(水)は、マルチピッチリード講習にて、二子山。
女性SMさん、男性OMさん。
<オブザベ>

2人は、とてもカムセットが丁寧です。
私も、フォローで登ってみて、感心するほどよく収まっています。
<ビレイ>

もちろん、それなりに時間を掛けてセットしています。
本人にとって難しいピッチでは、1時間のリードも珍しくはありません。
<カムセット中>

「慎重にやりたい」というより、「カムが効くまで怖くて進めません!」という話。
すごく時間は掛かります。二子山も、トップアウトするのは暗くなる直前でした。

が、初心者のうちから高い安全基準で登ってもらった方が、見ている私は安心ですねー。
<2P目>

このスピードで登れるルートは、まだ少ないかもしれません。
でも、段々と良くなりますよ。

焦らず、じっくりやって行きましょう。
<暖かくなってきた>

特に、今回の2P目、3P目、5P目のリードは、1時間に見合っただけ経験値がバッチリ積めたと思います。
こういうトライを重ねて、強くなって欲しいです。
<見事なコーナークラック>

<一見易しそうな後半>

<5P目で、ヤブに逃げ込んだ>

<薄暗い中、オールフリーにて完登>

テンポ

10月31日(火)は、昼がムーヴLv.0にて、女性KNさん。
夜が無料体験。

パンプを避けるため、テンポよく登る、という方法があります。
一方で、テンポが良いがために、ノープランで本能のままに登ってしまうというデメリットもあります。

自分がやっている行動を評価しながら動けるスピード、ってのはどの程度なんでしょうね。
ムーヴだけでなく、ロープワークも同じだと思いますが。

最近、こういう話が割と講習生に有効な気がしてきました。

機械的な手順

11月29日(日)は、雨にてロープワーク講習。
女性HMさん、男性SGさん。
<仮固定の練習中>

セルフレスキューの有名なお題として、リードのビレイからの脱出、ってのがあります。

リードがフォールして怪我を負って登り返し不可能、ビレイヤーによるロワーダウン不可能、という設定。
(ロワーダウン不可能な理由として、沢登りなどで下が滝壺、マルチなどでロープの半分以上登っておりビレイ点までロワーダウンで届かない、などなど。)
<子供が動物を宙吊りに>

お題に対する回答として、ビレイヤーがロープをビレイ点にフィックスして、ビレイヤーがビレイから開放される、というものがあります。

この手順自体は、わりと機械的なものです。
本日の2人からは、「この手順が知りたい!」という熱いリクエスト。

で、今後どうしますかね?
<引き上げ>

クライマーが気を失っている設定だと、レッグループ型の普通のハーネスで何時間生存していられますかね?

全ては設定による話なので、深入りはしないでおきます。
ただ、マルチピッチでリードのビレイをしている最中に、「いま、もしここで事故っちゃったら・・・」と常々想定しながら登ると、徐々に力が付くような気がします。

ほとんどの場合、ロワーダウンの方が良い場面ばかりに感じますが。
<逆さ吊り>