2018年5月18日金曜日

初めての感覚的選択

5月16日(水)は、ムーヴLv.0。
男性STさん、女性NMさん、男性ATさん、女性Hさん。
講習後の感想で、1つ印象に残ったものがありました。
「あーして、こーして、って言われるんじゃなく、初めて自分で(この方がバランスが)良いのかなって選べた気がします。それが良かった。」

ものすごく真面目で素直そうな受け答えなので、周りからついついマリオネット状態にされちゃうことも多そうです。

自分で試行錯誤した結果というのが、身になるものですね。
日々、ちょっとずつ分かっていただければ大変嬉しいですよ。

2018年5月16日水曜日

宿題放置の気持ち悪さ

5月12日(土)、13日(日)は、どちらも岩場リード講習。
1日目が小川山で、女性FSさん、復習参加の女性Mさん、女性ISのペア。
2日目は天王岩で、男性KYさん。
クライミングを始めて数年の頃、個人的にこんなことをやったことがあります。

場所:
ジムor岩場のボルトルート

ルート:
自分が、オンサイトトライが5分5分の難易度のものを3本

方法:
1本目をオンサイトトライ。失敗したら、ハングドッグしてムーヴを確かめたりはするが、2トライ目は出さない。
そして、次も別ルートをオンサイトトライ。
これを繰り返して、とにかく3本のオンサイトトライを敢行する。
モチベーション:
当時は、本チャンなどの山がメインだったこともあり、初級者の段階からオンサイト能力に強い興味がある。
本気トライは1日に3トライ程度という感覚があり、それを最大限オンサイト練習に充てたい。
ジムでは何回も、岩場は多分1回か2回だけやってみたのですが、結論としては「なんかダメだ!」と思いました。
私の場合、1本目がレッドポイントを済ませていない状態で次のルートに行く、というのが後ろ髪引かれる思いになります。
それで、2本目、3本目で最大限の集中力が出せないように感じました。

しかも、最悪の場合、3ルート共に完登せずに帰ることになるので、精神衛生上も良くないと思いました。
<たまたま居合わせた、山男の肉体>

この件以来、理論上のトレーニング効率は落ちたとしても「登れそうな課題」は出来るだけ登っておこう、という感覚になりました。
例えば、以下のような場面は、人によって判断が分かれそうです。

トレーニング的な連続登りの最中でも落ちたルートはなるべく再登します。それで、メニューが狂ったとしても。

アップで、過去に登ったことのある5.10台で落ちてしまったら、なるべく再登します。それで、アップのサジ加減が狂ったとしても。
 
「登れない」というのは何かしら自分に足りないものがある証拠です。
それを、そのまま放置すると気持ち悪いんでしょうね。(明らかに時期尚早感がある場合は別・・・。)

宿題回収は、自尊心の回復も兼ねているのでしょう。
<気合の最終トライ>

今回の場合、初日にISさんが“かわいい女”(5.8)でのオンサイトトライで1テン入ってしまい、気合いで夕方にレッドポイントしておりました。

2日目は、KYさんが“涅槃の風”(5.10b)を3トライして、最終便で雨が本降りになる直前にレッドポイントを果たしました。

その嬉しそうな顔、きっと次に繋がると思います。
<涅槃の風、ハングドッグ中>

一応、添えておきますと。

中上級者になれば、目先の完登よりも体系的なトレーニング、というのが有効な場面もあるとは思います。
ただ、私はどんなにショボイ課題と感じるでも、一応は完登を積み重ねることを重視しているなぁという話です。

講習生の場合、まだそこまで体系的なトレーニングを意識している訳でもないでしょうから、とりあえず宿題は回収した方が良いですよ!

2018年5月14日月曜日

ムーヴの基本

5月9日(水)は、ムーヴLv.0。
女性KDさん、新規男性KTさん。
垂壁を登るとき、必ず腕は使います。
大きく飛び出した足場があったりしない限り、手なし(ノーハンド)で壁に滞在することは出来ないのです。

一方で、
「腕力は最小限に。」
「クライミングは、基本は足で登るものだ。」
などといった通説もあります。

また、入門書などには、
「腕は、なるべく伸ばした方が楽。」
「足は、つま先で丁寧に置いた方が楽。」
といったノウハウも書かれています。

どれも、一定程度は正しいと思いますが、これらを統合的に理解することは難しいと思います。

例えば、「足をつま先で置くのをサボると、腕が疲れる。」というのは、クライマーには至極当然の話です。
個人的には、こういった様々な通説やノウハウに対して、自分なりに理解を深め、適材適所に使えるように意識化することが、ムーヴの基本だと考えています。
たぶん、どんなレベルの人にとっても基本は大切です。
最初は、ちょっと細かい話に思えるかもしれませんが、頑張って行きましょう。

2018年5月9日水曜日

6月の予約受付

さて、明後日の5月11日(金)の夜22時より、6月の予約受付を開始いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

2018年5月8日火曜日

修業 with 笑い

続きで、ちょっと気軽な話。
4人ということで、バカ話も盛り上がります。
<被写体不慣れ>

今回のツアーの流行語。
「流石ですねー。」
「~~されるんですねー。」
「すごい・・・。」

相手を称える意味で使います。

ゴッド先生の得意フレーズ。
本人曰く、元々は私の物真似だったらしい。

相手が褒められて痒くなるほど使うことも。
<被写体慣れ>

「私なんか、~~(ブタ人間)でダメなんです。」

上述のフレーズとセットで使うと効果的。
本音を交えつつ、徹底的に自分を卑下します。

私ならダイエットできないこと、ストレッチをサボりがちなこと、などなど。徹底的に強調することに。
<アップ中>

“短期的な旬”
“「ゴール落ち」と「完登」の圧倒的な差”

ゴッド先生が、ミキペディア先生のブログを読んでいたことにより、大流行。

「私なんか、短期的な旬を逃しまくって、無駄なトライを重ねているだけなんです。」(by S本)
といった卑下を繰り出すことも可能。

「次のトライが、決めるべき旬になりそうじゃない?」
(さっきのは、1テンではあったけど、まだまだ惜しいとは言えなかった。核心ムーヴも再確認したし、次あたりが勝負っしょ。)
といった、真面目な使い方も。

「~~さんは、決められる方じゃないですかー。」
自分を卑下しつつ、相手が困るほど褒め倒す場合もある。

ツアー中ということで、決めるべきトライを逃すと永遠の宿題になりかねないこともあって、大流行。
このフレーズのお陰で、何割か増しで成果が出たような気もする。
<四国第二国道(5.13b)をR.P.する長門さん>

内容的には、相手の良い点を徹底的に強調したり、少ないトライ数を意識するのは、とてもプラスでした。
それを、徹底的にバカ話のように喋りまくったことで、飽きずに過ごすことも出来ました。

修業の道も、楽しいに越したことはありませんねぇ。
成果と楽しさを両立させてくれたメンバーと某ブログに、感謝です。
<かぐら坂(5.12a)を2擊するカメチヨ>

具体的に登ったルート
後半戦1日目:ニューエリア 全員にて
・吟じました(5.9) O.S.
・フェイス(5.10b) O.S.
・フェイス(5.10a) O.S.
・ないんと思います(5.10b) O.S.
・美しくカンテ(5.12c) R.P.2トライ。ガバにヒールフック連続、超得意系。今回最大の成果?
<私も、たまにはヘッデン>

後半戦3日目(2日目は、レスト):ニューエリア with S本先生
・吟じました(5.9) 再登。トップロープでもう1回。
・時間よ止まれ(5.12a) R.P.2トライ。オンサイトトライでは、全く歯が立たず。1時間ほどハングドッグして、全ムーヴ解決。そして、R.P.は無難に出来る、というよくある展開。
・二度目の春(5.11b) R.P.2トライ。辛いと評判で、やはり悪い(笑)。1時間ほどハングドッグして、2擊は出来るといういつもの展開に・・・。体感は、5.11後半。
<中1日レストして、3日目>

後半戦4日目:権現 全員にて
・渇水対策(5.11d) R.P.2トライ。絶対にオンサイトすべき課題であったが、集中力不足でフォール。悔やまれる。
・吾衛門(5.11c) O.S.。下部は脆いが、ボルトが打たれている面は良さそうなので、死ぬことは無さそうな気がして取り付いた。結構面白い。
<美しくカンテ(5.12c)>

<S本先生>

<漆黒の中で、夜20時に“美しくカンテ”をR.P.したゴッド>

<4日目。渇水対策(5.11d)をオンサイト失敗する私・・・>

<渇水対策を3擊するカメチヨ>

<登ることで注目を集める長門さん>

<クライミング談義>

ラインを登るか、課題を登るか

GWは、西日本を代表する石灰岩エリア、備中。
長門先生、S本先生、カメチヨ料理長と4人にて。

とりあえず、前半3日分。
<クライマーズハウスにて、2人の料理人が並ぶ>

今回行ったエリアには、ボルト1本目まではゴボウ(ロープを掴んで上がる)という設定のルートが結構ありました。

現代的な感覚だと不自然ですが、そこは歴史なんでしょう。
<イケメンとゴッド>

推察される理由は、幾つか。
・当時にしては難しすぎて、登る対象とは見なせなかった。
・脆かった。
・取り付きに石碑などがあって、クライミングすると諸々の問題があった。

クライマーズハウスには、当時の『岩と雪』も置いてあったので、ある程度は確認も出来ます。
詳しい人に、直接話を聞くことも出来ます。
<象の鼻(5.11b)を2擊するカメチヨ>

で、“逆さでシェイク”(5.11c)をO.S.トライしようとするカメチヨ。

トライ直前に、地元クライマーの方から
「そのルートは、1本目までゴボウで良いんですよ。延長バージョンの5.12aの場合は、下から登んなきゃダメだけど。」
との情報。
(後から昔の写真を見ると、取り付きに何かがあった模様。)

見ると、確かに1本目付近が明らかに核心部となっており、ホールドもチョークで真っ白です。
<バットマン(5.11b)をO.S.するカメチヨ>

私が「どうする?」と聞くと、
「下から登ります。私は、課題じゃなくて岩を登りたいんで。」
という回答。

長門さんは、熱いコメントに感嘆していました。
<2日目>

ちなみに、1本目付近で、やっぱりカメチヨも大苦戦。ハングドッグしてムーヴ解決。
どうにか2擊。

なんだか、自分に厳しくてカッコイイ感じです。
<鬼の背中で“寺島ルート”(5.12a)をR.P.するS本先生>

ちなみに、その前日。
私が“バナナおくれ”(5.12a/b)をO.S.トライした際に、ボルトが意図していそうなラインとちょっとズレて(1m~1.5mほど右に逃げ気味に)登った箇所が2つありました。

特に、その箇所は2m~3mほど隣に別のルートがあるので、もはやそちらを登っているような気分。
<本日もヘッデンで追い込むS本>

私も、課題よりは(自然が示した)ライン派なので、これはこれで納得してはいます。

でも、体感グレードは確かに5.12aよりも簡単でした(笑)。
そして、『岩と雪』を確認したら、全く私が使っていないセクションを核心っぽく記述してありました。
うーむ、自分の中のグレード記録としては、ノーカウントとせざるを得ず。
<隠れがち>

カメチヨの例は、ラインに拘ることで設定よりも厳しくなったので、満足感もあります。

私の例は、ラインを登ることで設定から弱点に逃げたっぽくなっちゃうので、なんとなく腑に落ちない終わり方です。
<笑いがち>

「クライミングは自己満足」と言いつつも、やっぱり共通ルールもクリアしておきたいのが人情。
ボルトルートは人様の作品という色合いも強いので、設定に従いたい気持ちもありますし。

でも、いざとなったらライン登っちゃうでしょうねー。
だって、自然なんだもの・・・。
<寒がる私、暑がるイケメン>

具体的に登ったルート
1日目:2ルンゼ with カメチヨ
・かぶったエイト(5.9) O.S.
・やさしいフェイス(5.10a) O.S.
・奥の手(5.11a) O.S.
・象の鼻(5.11b) フラッシュ
・ダンゴのリズム(5.10b) O.S.
・寺島ルート(5.12a) オンサイトは全く歯が立たず。ハングドッグして、おおよそムーヴ解決。
<流石ですねー>

2日目:2ルンゼ with S本先生
・やさしいフェイス(5.10a) トップロープでアップ
・かぶったエイト(5.9) トップロープでアップ
・寺島ルート(5.12a) R.P.。通算2日間。
・バナナおくれ(5.12a/b) 一応O.S.。ただし、上述のようにラインに疑惑が残る。体感5.11c/d。また、このルートには延長バージョンがあるということに、つい今しがた気付いた。
<長門ファンの期待に応えて>

3日目:権現 全員にて
・留吉(5.11a) O.S.。あまりに身体が重かったので、もう1回トップロープで登ってみるが、さらにダルさが増して節々が痛みだしたので、本日は終了。

3人は、夕方まで頑張る方向だったので、昼寝&写真撮影という形で1人レスト。
<もう1枚>

<オマケで1枚>

<鬼の背中のS本>

<いつもヘッデンのS本先生>

2018年5月7日月曜日

「~~すれば大丈夫」

4月26日(木)は、岩場リード講習にて、天王岩。
女性NBさん。
2つ前の記事、「安全圏と安心圏」の元ネタとも言えるような話。

ボルト2本目が高さ4mにあり、ボルト3本目が8mにあるルートを想像してみます。
墜落距離を考えると、3本目の直前に落ちるとグランドします。

ボルト2本目は高さ4mですが、実際にはヌンチャクを掛けるので、クリップしたカラビナは3m70cmとかの高さになってしまうというのもあります。
墜落距離は、ランナウトの距離×2+αで計算しますが、この+αが実際かなり大きいというのもあります。
<まさに、2本目からランナウトして、まだ3本目にクリップできない状況>

しかしながら、こういうルートでも
「ボルト2本目まで掛ければ、グランドは無いから。2本目までは気を付けよう。」
と言ったオブザベをする講習生は、過去にも数多いです。

で、落ちる練習を経て、自分の勘違いに気づくという流れ。

もちろん、「墜落距離計算の本質が分かっていない。」というのもあると思います。
ただ、最近はもう1つの可能性を感じています。

「2本目以降は、グランドは無い。」という法則を受け入れると、リード中に考えることが1つ減って楽になる。
という心理的な要因です。

「~~さえ守っていれば、事故はそうそう起きるものではない。」
って考えると、気持ちは楽になりますからねー。
ちょっとした思考放棄でしょうか。

「手繰り落ちさえしなければ。」
「1本目さえクリップすれば。」
「ロープさえ付けとけば。」(山で)
「固めどりさえしとけば。」(クラックなどのNPで)
色々あります。